FC2ブログ

クソたぬき課長は信用に値しない。

2020–03–19 (Thu) 23:32
 
ここ数日の出来事。
楽しくなくなった。



いつもディスってくる人がいた。
それに傷つくこともあった、それが楽しいこともあった。
「衝撃の事実!ゆり、明日で最後」
係長から残業終了後に聞いた。
ゆりは、残業をしていない。
会社帰りに突発的に行くラーメン、婚活パーティー、占いに通ってみる趣味、おそろいで買った雑貨、バッグ、ユニバーサル。
仲が良いはずだった。
聞いてない。
家に帰って、LINEしてやろうかと思ったが、やめた。
なんで、言ってくれなかったんだろう?
眠れなかった。

次の日、彼女が辞める日。彼女はわたしの唇の赤さを指摘してきた。
彼女の周りには人がいて、わたしは普通に返した。
荒れててかゆい。と。
廊下で二人きりになったとき、しんみりするのが嫌で笑いながら、言った。
「昨日、係長から聞いたぞ!!!辞めるって、ちょっっ~~」
「あははは、係長経由だったか、辞めた後に気づけば面白いと思ってたのに~~」
あぁ、本当なんだ。
楽しかったのに、破天荒すぎる彼女はこの環境に飽きてしまったんだろうか。と思った。

仕事をこなしている最中、まさよが耳元でこっそりささやいてきた。
「今日帰り空いてる?」
すぐに分かった。彼女が最後にとご飯に誘ってる。

一日があっという間だった。
殆どの人が、辞める当日に、その事を知った。
制服、靴はリサイクルしない。
彼女はわたし以外にいろんな人に囲まれながら、制服と靴をゴミ袋に捨てていた。
笑っていた。
「まゆみは泣くから、絶対にギリギリに言おうと持ってたんだ」
わたしも泣きたい。
なんで?どうして?

待ち合わせのご飯屋に来た。
ショッピングモール内のご飯屋で、すぐにご飯屋に入らず呑気に店を回り始めた。
わたしと、まさよと。ゆり。
いつもと変わらない。最後なのに。
わたしは雑貨を衝動買い。
楽しかった。
「最後って感じしないなー」と、彼女が言った。

ご飯屋。
ゆりは、お菓子が好きだから、最後だから、たくさんお菓子をあげた。
「うわ、お菓子くれるとかレアじゃん」
「うん、そうだよ。わたしお菓子買わないから、美味しいか分からない」
聞きたいこと、言いたいことはたくさんある。
「次の就職先決まってるの?」
「うん」
「富山市内?」
「当たり前じゃん」
「なんで、辞めようと思ったの?」


「辞めようとはしていない。契約を切られた。つまり、クビ」


変だった。
うちの会社はずっと派遣を募集している。
発達障害のグレーゾーンを普通の人として採用するぐらい、万年人手不足だ。
その人は毎日のように発狂したり、泣き出したり、仕事の内容も限られているのに通常料金。切られるならそっちだろう。


「わたし、いつも遅刻ギリギリだし、態度でかいし、注意されても直さない」
正直、彼女の勤務態度は褒められたものじゃない。よく怒られているのを見た。
だが、発達障害のグレーゾーンの人よりは圧倒的に仕事は出来る。賃金は一緒だが勤務歴は9年目だ。
「新工場に移動するメンバーに共通してること、何か気付かない?」
まさよは全部知っているようで、静かに話を聞いていた。
「ルーズなのと、シフト勤務断った人」
「そうそう、ルーズ、まさよね。課長が気に入らない下っ端社員は異動、派遣はクビってわけ。発達障害のグレーゾーンを残したのは、嫌がらせかな?係長が言ってたから間違いない」
絶句だった。
課長の独裁。
「あんたは課長のお気に入りだからね、異動なし」
「あんなクソたぬきに気に入られても気持ち悪いだけ」
「知ってる。ごますってるわけでもなく、純粋に大変そうで助けたい人を助けてるだけだもんね、あんたは。それを評価されてる」
あぁ、この人は、ちゃんと気づいている上で、仲良くしててくれたんだ。
凄い洞察力。真面目にしないと仕事が熟せないことに気づいてる。
「わたし本当はそういうところ直したい。上手く利用されてることがある事も気づいてるのに」
「良いところだから直さなくても良いと思うけど」
「あのクソたぬき課長だけは、助けない」
「大丈夫でしょ?大好きで頼りになる直属の部下1,2は異動、3は退職。3はたぶんあの課長を見切ったんだと思う。逆に異動してくる2人は無知な上に1人は精神病んで2度診断書出して長期入院」
「ざまぁ」
「あんたが乱暴な言葉使うと、破壊力すごいね、真面目だから」

「でも、なんで辞めるの言ってくれなかったの?」
「だってクビだよ?可愛そうって言われるの嫌だし、かっこ悪いじゃん」
この人は、プライドだけを理由に、契約更新されなかった事を一人で受け止め、辞めなければならない事を心に秘めながら三ヶ月間誰にも言わず、職安行って履歴書書いて面接行って、本人の口から辞めることを聞いたのは当日で、笑ってた。
もちろん、本来なら、辞める事を周りに伝えるのは前以てが普通だと思うけど。常識だけど。
……なんて強い人なんだろう。と、わたしは思った。
あのクソたぬき…課長は人を見る目がない。
彼女を上手く育てる器量がなかった。
最初から聞き分けが良い子しか飼い慣らせない。
情けない人。
「次はちゃんと正社員なんだ。続くかわかんないけど。最初はおしとやかにしてないといけないし、遅刻ぎりぎりもダメだし。辛…っ。でも、親が喜んでくれた」


一通り聞いてどうでもいい雑談してから、ご飯屋をでた。
「このメンバーならいつでも会えるけど、まゆみにはもう会えないのかな」
……そっか、これからも仲良くしてくれるんだな。だから、辞めた後気付いたら面白いって言ったのか。デカすぎるネタだった。
最初から、また会う気だったんだ。この人。
「まゆみ、寂しがってた。子供なんとかするから、ご飯行きたいって。なんなら家に来ても良いって言ってたよ」
「え、ほんと!じゃぁ、まゆみに合わせよう」


「またね、おやすみ」
残る人と異動する人と、転職する人と、皆バラバラだ。


ホントにいつもご飯に行っていたように、手を振った。
わたしは車に乗って、二人の車を見送った後、泣いていた。
泣きたいのは、ゆりの方かもしれないのに。
きっとあの人は、わたしとまさよなら、しんみりせずご飯で出来ることが分かっていた。
でも、わたしは弱い。それを知っているんだろうか?
課長が、あのクソたぬきが憎くて憎くて悔しくて悔しくて仕方なかった。殺してやりたいぐらいだ。


朝、母親がわたしを心配してくる。
腫れた目の事情を話したら、それは「おめでとう」と言ってあげないと、と励まされた。
その通りだ。正社員おめでとう、だ。
「あんたには乱暴な言葉で素のままで話してたなら、相手も寂しいだろうね。あんたといるの楽だったろうね」
更に泣いて腫れた目は、花粉症とごまかすことにした。

あのクソたぬきの独裁で、ゆりがもういない職場。
いつも「モーニング」と挨拶してくる声も、アホなことをしても誰もツッコんでくれない。
「まちキャラになっちゃうな……」
誰かと話しても作り笑いで、よく漫画とかアニメとかで、灰色で描かれる表現。
本当に灰色に見えることってあるんだな……と、しみじみ思った。
ロッカーのネームプレートが既に剥がされていた。
周りの人が珍しくわたしに気を使ってると勝手に思ってたけどそうじゃなかった。
課長の采配に怒っていた。あれだけ仕事が出来る人を辞めさせて、どうやって仕事を回すのかと。係長まで怒り悩んでいた。

家に帰ってから気がついた。
そっか、もう、突発的にご飯食べてくるって事が無くなる。
ゆりとわたしは独身だからそれが出来た。
親に言った。
「これから、突発的に外食すること、無いから」
そう言って、わたしはまた泣いた。
寂しい。寂しい。
「仕事、楽しくなかった」
親がいつものように結婚を促してくる。
「転職したら?ご飯作る所に」
わたしは弱りすぎていて、そうだね。その方が寂しくないかも。と答えていた。
そうだ、ゆりともう一度、婚活頑張るかって話してたんだ。


すこし落ち着いて、現在に至る。
彼女にとって転職は、人生の転機だろう。
わたしにとっても転機なのかもしれない。
仕事が楽しくなくなったんだ。
仕事はお金だけと割り切って、別のことに目を向ける時期なのかもしれない。






終わり。
  

 | HOME | 

プロフィール

鈴来

Author:鈴来
一次創作のお絵かきと作文を時々。色々浅い隠れ腐女子。靈氣ヒーラー認定保有者。目に見えない世界好き。

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

参加しています



ブログランキング・にほんブログ村へ

月別アーカイブ

Twitter

フォローする際、話しかけて貰えるとフォロバします
※地雷が少なからずあります

ありがとう

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2640位
アクセスランキングを見る>>

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

キャビテーション&吸引・ラジオ波・赤色LED セルメソ 富山 ベルルミエール 痩身エステ 運が良い 募金 コロナ 産婦人科 デリケートゾーンのニキビ 労災 シンクロニシティー 第三の目 チャクラ 丹光 Daydreamworld 世界同時瞑想 潜在意識(無意識) 靈氣(レイキ) 神社 杉原神社 パワーストーン 守護腕輪 ホワイトファントムクォーツ イエローアパタイト ゴールドルチルクオーツ 氣多神社 メタモルフォーセス 友達 本来の自分 お守り 楽しくなくなった  ゲーム実況 イナズマイレブン2 キヨ 吹雪士郎 スピリチュアル 誕生日  10周年 ゲシュタルトの祈り 創作活動 人に言えないこと尽くめ 流行色 高瀬神社 初詣 おみくじ 運勢 恋人 抱負 生き方 手帳 イラスト 創作キャラ ネトプリ 立海 青学 テニミュ 東京 テニスの王子様 はじめしゃちょーの畑 魂心家 Asterisk* 21日間の浄化期間 アチューメント アファメーション 睡眠時間活用法 閉鎖空間 オーラカラー サードアイ アクアヒーリング富山 四天宝寺 ジャスミンティー  三人称一元視点 天然石 ギベオン 隕石 ホワイトセージ 諦める タロット 整体 幽遊白書 新機動戦記ガンダムW ソルフェジオ お香 虹色 守護霊 強運 背後霊 初期設定 黒歴史 宝の山 チームパーティー 西武グループ 青春鉄道 ひらゆの森 奥飛騨温泉郷 岐阜 温泉 平成 昭和 令和 女たらし 宝塚 CASANOVA 輪廻転生 感情移入 おそ松さん 戦国BASARA 夢の内容 テンポドロップ 369の法則 神の設計図 LOUISVUITTON HIKAKIN チョコレート バレンタイン 石川 神さま 千里浜なぎさドライブウェイ 気多大社 引き寄せの法則 白玉善哉 カーマイン 九星気学 たこ焼き 数秘術 小松AEON 僕らの未来 人生観 舞台 ハイヤーセルフ 双極性障害II型 テニミュ文化祭 健康診断 瞑想 初恋 クンツァイト ペンデュラム 秘密結社 理想と現実 文豪ストレイドッグス ガレット 婚活 ハーバリウム TEAROOM茶円 比嘉 氷帝 距離感 アイリス水晶 ガーネット アメトリン ローズクォーツ 歌劇 明治東亰恋伽 アルネの事件簿 カルト教団 海福雑貨 神奈川 博物雑貨NaturalisHistoria 魔法屋 一人旅 インディラ カリー チョリチョリ 町屋カフェ祇園 DREAMLIVE まふまふ 双極性障害Ⅱ型 フリーアイコン  心理学 朝溶けの魔女 そらる AftertheRain  氣多大社 刻の大地 みずのいろ 干錦玉 レトルト 厄払い 大腸検査 ハムレット 学ラン Zakka*時間 ライビュ 六角 価値観 偽りは書けない 元町カフェ 人疲れ 仏の目 手相 ラッキーM ソロモンの環 名古屋 友達とは ダイアモンド フェリオ 桃のタルト 銀魂 牛沢 ドラクエ11 痛バナー ジレンマ にほんブログ村 予鈴 安宅住吉神社 不眠と過眠 デスノート ミュージカル 個人サイト 進撃の巨人 黒子のバスケ 筮竹 姓名判断 西洋占星術 浦島坂田船 パソコン SNS疲れ 眼鏡 かほくAEON 厄年と大殺界  TABERNA 年末年始 子宮検査 Hedgehog-ヘッジホッグ- カラオケ ブログ 内向的 アロマンティック 緒方恵美 ハグ屋 ピクピクン先生 漫画 魔法のプリンス彼方くん 人間の保健所 結婚相談所 アニメ婚活 鎖かたびら ストロゲー 合コン 婚活パーティー 婚活鬱 長野 小布施 オーラソーマ・カラーケアシステム ココロキレイフェスタ Zakka*たいむ フェス松さん 上田城 京都 南禅寺 納骨堂 平安寺 痛バ アートマーケット 入社式 内定 面接 就活 筆記試験 ナンジャタウン 仕事 Heavenlymother 小川温泉  那谷寺 黒姫高原 桃狩り ダリア 胡風居 火花 さろんどあい 妖精カード 皮膚科 しこり 聖ルドルフ サブアド stalkest J.GARDEN ヲタ婚 新潟 ガタケット 下鴨神社 清明神社 お見合い 上加茂神社 貴船神社 生年月日 愛の宮丸 絵文字屋 コミティア 恋情ゲーム 焼山温泉 おでかけライブ アンソロジー パネル展 セクシャルマイノリティー くろば温泉 うちのこ非公式妄想カップリング ハリー・ポッター 大阪 ユニバーサルスタジオジャパン 腐女子 BL 顔面偏差値 コミックわんだーらんど スペイン料理 advancecafe Beato CONVIVIO ポルトガル料理 滋賀 彦根城 恋する願い星クッキー 金コミ 合同 SとM FITcom。 漫画掲載 痛デスクトップ よそのコ企画  庄川水公園 ネコミミステージ 眼科 出雲大社 島根 Skype ストーカー 一人称 HOMO消しゴム 青の祓魔師 フリーイラスト 水木しげるロード Twitter 創作BLフェス COMICCITY 青少年健全育成条例 T-COM 体調不良 通院 ヘタリア 納車 発作性頻拍症 男の娘 魔法少女 呪い ペンタブ ピアノリサイタル 水墨画 Gペン コミックマーケット 同人誌 コピック よさこい 合同本 鋼の錬金術師 コスプレ サッカー 北欧倶楽部 独逸屋 ドイツ料理 イギリス料理 コミックワークショップ ゲスト スナック 花粉症 第2ボタン 岐阜コミケ サーチ 

見本色

検索フォーム